1. HOME
  2. 開催イベント情報
  3. BACK Ⅱ BACK
  4. BACK Ⅱ BACK vol.02 ( Goya Kobayashi presents / 遠藤レーン)

BACK Ⅱ BACK vol.02 ( Goya Kobayashi presents / 遠藤レーン)

LOCALエリアから新しいTOKYOのカタチをデザインする。
街と人を繋ぎ、次の人へバトンを渡すイベントです。
今回のホストは日独産業協会 特別顧問 / 政策研究大学院大学 客員研究員 / 財務省勤務の小林剛也さん。

インキュベーションオフィスと一体化して起業・地域社会の活性化を目指す地域最大のコミュニケーションカフェダイナー、荒川区町屋のTOKYO L.O.C.A.L BASE。

このTOKYO L.O.C.A.L BASEで定期的に開催される、講演会でも交流会でも無い、全く新しいビジネスイベントが「BACK Ⅱ BACK」だ。

イベント名の由来である”Back to Back”は英語で「連続して」という意味。「二人のDJが交互に一曲ずつ曲を繋げて場を盛り上げていく」というDJ用語でもある。

名前の通り、毎回1名の「ホスト」がTOKYO L.O.C.A.L BASEを貸し切って、店舗スタッフの助けを借りながらお酒や食事を提供してゲストを楽しませる。

ドリンク・フードだけでなく、ホストは20分ほどのプレゼン形式で自らのサクセスストーリーや人生の転機など、自らの得た経験をゲストにシェアをしなければならない。

最後にリレー形式でタモリのテレフォンショッキングよろしく「次回のホスト」を指名・発表して、次の開催にバトンを繋げる。これがBACKⅡBACKというイベントである。慣れないビールやサワーを作って振る舞ったり、ホストの負荷は非常に高い。

それでもホストが献身的に無報酬の一日店長のような形でホスト役を担ってくれるのは、このイベントの主旨が「Pay It Forward(恩送り)」にあるからだ。

これまで自らを支えてくれた人や縁への感謝、自らの経験を周囲やより若い人たちに伝え、繋ぎたいという想い。この気持ちがホストを務め、さらにその役を次の人へと着実に渡し、繋いでゆくという行動のモチベーションになっている。

今回は前回のホスト、​国内唯一のエボナイト素材製造メーカー、株式会社日興エボナイト製造所・代表取締役の遠藤智久さんからバトンを受けた、日独産業協会 特別顧問 / 政策研究大学院大学 客員研究員 / 財務省勤務の小林剛也さんがホストとして登場します。

このイベントのチケット購入はコチラから。
(前売り制 / 当日入場も若干名可能)
https://back2back-0128.peatix.com/view
※ イベント料金は2ドリンク + フード込みです

BACKⅡBACK 遠藤レーン VOL.2 ホストプロフィール

小林 剛也

日独産業協会 特別顧問 / 政策研究大学院大学 客員研究員 / 財務省勤務

1997年、高校卒業後、東京水産大学入学、同年9月退学。1998年、早稲田大学政経学部入学、2003年卒業、財務省入省。

主税局、理財局、主計局、大臣官房での勤務のほか、現・復興庁や国税局(熊本)、欧州復興開発銀行(ロンドン)、在ドイツ日本国大使館(ベルリン)での勤務経験を持つ。

公務の傍ら、日本とドイツのスタートアップエコシステムを繋ぐ『日独スタートアッププラットフォーム』の創設に携わるほか、『スマートニッチ友の会 勝手にシンポジウム』の企画などを行っている。

最近は海釣りを通じて、持続可能な漁業に思いを巡らせている。

6回やれば、(理論上)世界中の人と繋がれる。

「次々とホストが変わる」という、テレホンショッキング形式のイベント開催が、BACK Ⅱ BACK最大の特徴です。
ご自分の友人がホストを務める回にゲストとして参加されるのが楽しいのはもちろんですが、次のホストは誰か、前回のBACK Ⅱ BACKに参加していた人にまた次回、次々回会えるかも知れないというワクワク感を、同じ場所で開催し続けることでご提供したいと考えています。

また、「六次の隔たり」をご存知でしょうか。世界中の人とは「友人の友人」を6回経由すると繋がることが出来るという有名な説です。理論上、BACK Ⅱ BACK vol.06には全世界の人口70億人の全員が「来る可能性がある」。人と人との繋がりを可視化する面白さを、このイベントを通じて表現していきたいと思います。

実は複数のBACKⅡBACKがスタートしています。

今回小林さんがホストを担当されるBACKⅡBACKは株式会社日興エボナイト製造所・代表取締役の遠藤智久氏からスタートした通称「遠藤レーン」の第二回です。
実はこれ以外にも複数のファウンダーを設定して、。武藤レーンなど別レーンのBACKⅡBACKが既にスタートしています。
人脈、繋がりが異なる別レーンのBACKⅡBACKもぜひ参加してみてください。

VOL.1ホスト:遠藤智久さん

BACK Ⅱ BACK 遠藤レーンの初回でホストを務めたのは国内唯一のエボナイト素材製造メーカー、株式会社日興エボナイト製造所の代表取締役である遠藤智久さん。

1972年1月生まれ、荒川区生まれの荒川育ちで、1998年に跡取りとして同社へ入社した後は、エボナイト製造業の生き残りをかけ、BtoCの商品開発、東京都からの経営革新計画承認、ビッグサイトでの展示会など、「古くて新しい町工場」にするためのチャレンジを続けられています。

荒川区の若手経営者らと共に“明日の飯の種を作る”ための勉強会「あすめし会」の代表幹事としても活動される遠藤さんは、荒川区から人と人との繋がりのバトンを渡していく本イベントにはぴったりのホストでは無いでしょうか。
次回はまた遠藤さんからホストのバトンを受け取った方がホストとなり、定期的にBACK Ⅱ BACKを開催していきます。

イベント詳細
イベント名BACK Ⅱ BACK vol.02
開催日程2020年1月28日(火)
開催時間開場 18:30
開始 19:00
終了 22:00頃
会場TOKYO L.O.C.A.L BASE
荒川区町屋1-3-12

東京メトロ「町屋」駅徒歩3分
都電荒川線「町屋駅前」徒歩3分
京成電鉄「町屋」駅徒歩4分
参加費3,000円
・2ドリンク / フード付き

※ チケット事前購入制
※ チケット購入方法は下記より
イベント詳細毎回1名が「ホスト」「一日店長」となり、カフェダイナー「TOKYO L.O.C.A.L BASE」を貸し切ってお酒と食事を楽しむ会を開催。

リレー形式で次の「ホスト」を指定して、次の開催に繋げる。

ホストは必ずお店でゲストをもてなすと同時に「自分が得た経験や感謝を他の人にシェア」するショートスピーチをBACK Ⅱ BACK内で行う。

バトンを繋ぎながら、街と人、人と人、思いと思いを繋いでゆく”Pay It Forward”を志向するイベントです。
今回のホスト小林剛也氏

日独産業協会 特別顧問
政策研究大学院大学 客員研究員
財務省勤務
問い合わせ先info@tokyolocal.me
参加チケット購入下記URLよりオンラインにてチケットをご購入ください。

https://back2back-0128.peatix.com/view

※ アプリ「Peatix」をインストールしていただくと、操作がスムーズです。
その他備考1) 3杯目以降のドリンクはキャッシュオンにて当日その場で追加ご購入いただけます。事前購入も可能です(下記ご参照ください)。

2) Peatixにて、事前にまとめてお連れの方の分も入場チケット及びドリンクチケットをご購入いただけます。

3) 当日会場内で使い切れなかったドリンクチケットは、ご持参いただければ次回以降のBACKⅡBACKにてドリンクチケットとして同額でご利用いただけます。

4) 領収書はPeatixにて各自発行が可能です。ご希望であれば、当日会場にてお声掛けいただければ会場名義の領収書をお渡し可能です。

5) ご購入チケットのキャンセルをご希望の場合、Peatixからご連絡ください。キャンセル方法については下記をご参照ください。会場であるTOKYO L.O.C.A.L BASEに直接メール、お電話でお問い合わせいただいても、こちらではお客様のチケットをキャンセル処理することが出来ません。
→ チケット購入のキャンセルに関して(外部サイト)